厄年とは

日本には古来より人生の節目を「厄年」として忌み慎むならわしがあります。厄年とは、人間の一生のうち、何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発達した現代においてもなお、万事に慎まねばならない年齢とされています。 厄年とする年齢は、時代によって多少の違いはあるものの、一般的には数え年で男性は25歳、42歳、61歳で、女性は19歳、33歳、37歳とされ、中でも男性の42歳と女性の33歳は「大厄」といい、その前後の年齢も「前厄」「後厄」として、特に忌むべき年齢といわれています。厄年というのは、現代の生活にもあてはまる人生の転換期であり、肉体的にも精神的にも調子をくずしやすい年齢とされています。

平成29年厄年早見表

  男25歳厄 男42歳厄 男61歳厄
前厄 平成6年生まれ 昭和52年生まれ 昭和33年生まれ
本厄 平成5年生まれ 昭和51年生まれ 昭和32年生まれ
後厄 平成4年生まれ 昭和50年生まれ 昭和31年生まれ
  女19歳厄 女33歳厄 女37歳厄
前厄 平成12年生まれ 昭和61年生まれ 昭和57年生まれ
本厄 平成11年生まれ 昭和60年生まれ 昭和56年生まれ
後厄 平成10年生まれ 昭和59年生まれ 昭和55年生まれ

*他にも幼児4歳厄、女性61歳厄などもあります。

〔数え年の計算方法〕
本年度の誕生日を迎えた方は1つ、迎えてない方は2つ加えた年齢です。

▲ページトップ